ウムカイス通信5  5月の砂嵐

5月の砂嵐
現場での整理作業を初めてはや10日を過ぎた。遺物の整理作業も順調に進み新資料もいくつか確認。毎日の天候はほぼ快晴か、雲が少しかかる程度で気温も初夏そのもの。日おうごとに色とりどりの草花に覆われるウムカイスである。こういったさなかウムカイスに到着して12日目の夜半、突然風が吹き荒れ天候が一変した。朝になっても一向に収まる気配もなくむしろあたりはうす暗くなり激しさを増すばかりであった。砂嵐である。かなり以前私はイラクカルバラで経験したことがあるが顔に砂が当たり視界がほとんどなかったように記憶している。ハジャージと呼ばれている砂嵐であるが生温かい強風に砂が舞う現象である。この地域では例年よりも早い時期の砂嵐だと地元の人たちは言っていた。結局ハジャージは夜まで続いた。話によるとこの日ハジャージのためレザートハイウエイで交通事故が発生したため北部の区間が通行止めになったという。また砂嵐のひどい時には空港も閉鎖されることもあるという。現場では砂嵐のため前方とその下に普段ならパノラマのように見えるはずのゴラン高原とウヘェーべの町、そしてガリレラ湖がまったく見えなくなってしまった。
翌朝は何もなかったかの如くウムカイスは草花に包まれていた。
e0134856_0162420.jpg

砂嵐にみまわれたウヘェーべの町とゴラン高原
e0134856_0235512.jpg

砂嵐翌日のウヘェーべの町とゴラン高原
e0134856_0252774.jpg

砂嵐にみまわれたガリレラ湖
e0134856_031572.jpg

砂嵐翌日のガリレラ湖
[PR]

by yuji_toda | 2009-05-05 20:50 | ウムカイス通信  

<< ウムカイス通信6 ゴラン高... ウムカイス通信5   >>

このホームページに記載されている記事・画像の無断転載・複製・販売を禁止いたします。