卒業にあたって 文学部考古・日本史学専攻2010年度卒業 福原健司

2010年3月に国士舘大学文学部を卒業して警察官になることになりました。私は考古学を学びたいと思い国士舘大学に入学し、入学後1~4年次を通して数次にわたりヨルダン・ウムカイス遺跡の発掘調査に参加しました。発掘調査への参加によって現地の人と接したりするなど様々な貴重な経験をさせていただきました。大学3年生の頃は学部の先輩である今井先輩の家に半居候させていただき、とても楽しい経験もしました。大学で知り合った人はお互い違った進路に進んでも繋がりをもてる身近な存在なのだと実感しています。
戸田先生のゼミでは、ゼミ生の人数が少なかったこともあったと思うのですが、とても丁寧に指導していただき卒業論文も無事に書き上げることができました。ほんとうに感謝しています。
就職先は考古学とは全く関係がないように思われるのですが、警察官には忍耐力や集中力、人と接するコミュニケーション能力、人との協調性が必要になります。私は、これらのことの大切さ重要さを海外での発掘調査や戸田先生のゼミで実感し新たに学ぶこともありました。そして、これからも国士舘大学で学んだことを忘れず住民の安全を守る警察官という仕事に誇りを持って取り組み精一杯努力したいと思います。
後輩の諸君も大学生活ででしか出来ないことがたくさんあるので悔いのないように頑張ってください。
e0134856_1726652.jpg

2007年8月9日ウムカイスでの発掘の一コマ
e0134856_17292822.jpg

2007年8月12日ウムカイスでの発掘の一コマ
e0134856_17305055.jpg

2007年8月25日ウムカイスで現地に人たちとの一コマ
e0134856_17333464.jpg

2007年9月14日ウムカイスで夕食の一コマ
[PR]

by yuji_toda | 2010-04-02 17:35 | 研究室便り  

社会人1年を終えて >>

このホームページに記載されている記事・画像の無断転載・複製・販売を禁止いたします。