ウムカイス通信5  

  ウムカイス通信5  草花咲き舞うウムカイス
 4月22日関空を発ち、翌早朝ドバイを経由しアンマンに到着。早朝の時間でも相変わらずドバイ空港は人の群れででごった返していた。ただ前回と違うのは免税店内の買い物客が少なくなっている風景だ。
 22日授業終えたその足で羽田に向かい、ここウムカイスに着いたのが23日午後1時。約25時間の長旅であった。到着して即現場でジャファーとワーカーの歓迎をうけた。
 今回ウムカイスに来た私の目的は1月にやり残した遺物整理、特に瓦の整理である。ほぼ3か月ぶりのウムカイスだ。
1月の遺跡には草花もなく一面どんよりとした光景であった。しかしこの時期のウムカイスは遺跡一面に色とりどりの草花が咲き乱れ、一帯が花に包まれ、これに抜けるような青空が調和した風景を見せてくれる。ヨルダンで1年を通じて私はこの季節が一番好きである。
 草花の眼下にはコバルトブルーのガリラヤ湖、むかいにはゴラン高原のパノラマが言葉では言い表せないほどみごとな風景である。約3週間この景色の中で仕事が出来ると考えただけで感無量としか言いようがない。
e0134856_1983012.jpg

ガリラヤ湖を望む
e0134856_19133364.jpg

遺跡に咲く草花
e0134856_19231486.jpg

草花の中のローマンロード
e0134856_192750100.jpg

草花の向こうゴラン高原
[PR]

# by yuji_toda | 2009-04-23 19:22 | ウムカイス通信  

ウムカイス通信5

頑張れ未来の考古学者たちよ
現在ウムカイス遺跡では国士舘大学の考古学実習(21世紀アジア学部松本建教授担当)が行われている 。
21世紀アジア学部の学生に紛れ込んで 一部文学部学生もこれに参加している。現在中東ではラマダン、そして暑さも半端ではないが、そんなことははねのけてひたすら学生は発掘作業に熱中。小生の若きころも同じだったかな・・・・。
頑張れ未来に向けて若者たちよ。
e0134856_012599.jpg

[PR]

# by yuji_toda | 2008-09-03 17:30  

ウムカイス通信4

 誕生日お目でとう

 2・3日前から学生たちがなにやらヒソヒソ。今年も松本調査団長はウムカイスで誕生日を迎えることになった。8月16日が誕生日である。学生たちの相談はささやかな誕生会とプレゼントについてのことであった。もちろん本人には知らされていない。
 当日夕食をかねて手作りのケイキで誕生会は挙行された。思いがけないささやかなきもちに幾分テレ気味のようだだったものの本人はごすこぶる御満悦の様子。
e0134856_002732.jpg

e0134856_0282695.jpg

 すっかり誕生日を祝ってもらって気を良くした団長は翌日3年越しで堀あげ床面を出したF11洞窟遺構の深さ数mもある堆積層断面図の実測を自ら段取り、図取をはじめた。
 おいおい団長、大丈夫か、下から眺められるほどの堆積層が今にも崩れはしないかと見ているほうははらはらである。無事図面とりも終了。
e0134856_0302673.jpg

[PR]

# by yuji_toda | 2008-08-20 00:31 | ヨルダン通信  

ウムカイス通信3

 47℃を超えたウムカイス
今回ウムカイスに来てまもなく一月になるが、昨夜から今朝にかけてはこれまでにない暑さで寝苦しかった。今回の調査滞在でははじめてのことである。結局朝1時間早い4時の起床となった。
外に出ると月明かりで冷りとしていたがなぜかいつものような風がなかった。今までの経験から今日は暑くなるのかなと思った。
 発掘調査は午前6時開始。いつもだと午前9時~10時ごろまで雲があり風が舞うので気持ちがよいのだが今日は雲も風もない。
午前8時ごろから次第に気温が上がりだし眼下のガレリア湖が霞んでいる。12時を過ぎたころからさらに気温が上昇し体にけだるさを感じてきた。
雲ひとつない快晴、どのくらいの気温か予想もつかないまま温度計を炎天下に出してみるとなんと℃47度を超えていたのにはびっくり、木陰に移しても39度を超えていた。ちなみに湿度は12%を示していた。e0134856_18591023.jpge0134856_1921168.jpg
この猛暑の中現地のワーカーたちはひるむことなく、ただ黙々と発掘作業に従事。
12時45分暑さもピークに達した中でワーカーたちは木陰に集まり15分間、アッラーの神への祈りに入った。
e0134856_19343295.jpg

[PR]

# by yuji_toda | 2008-08-19 00:16 | ウムカイス通信  

ウムカイス通信4

ファーマンは愛馬で通勤
午前5時45分ウムカイス遺跡の発掘調査に向かうかっぷくの良い男がいる。彼は日本隊の発掘調査に従事する全ワーカーの長である。名前はアブガセン、歳は50を過ぎたばかりであるが「ハッチ」である。人望も厚く発掘に入る前ワーカーに作業の手順を伝え、それぞれの持ち場を指示する。現場で行う昼の礼拝ももちろん彼がとりしきる。このようなワーカーの長を「ファーマン」という。彼はいつも自宅と遺跡を愛馬で行き来する。
e0134856_0164843.jpg

[PR]

# by yuji_toda | 2008-08-06 20:30 | ウムカイス通信  

このホームページに記載されている記事・画像の無断転載・複製・販売を禁止いたします。