ウムカイス通信1

 ウムカイス通信1
 2004年度からウムカイス遺跡の調査が開始され、私はその調査メンバーとして参加させていただいております。今後現地での遺跡から見える風景、我々の日常生活に関することなどウムカイスに関したことについてブログします。
 
 ウムカイス遺跡は中東ヨルダン・ハシミテ王国(通称ヨルダン)北部でイスラエル、シリアと接する国境の町にあ。。遺跡から望む北にはヤルムーク川後方の眼下にガリラヤ湖を挟み西がテビリヤス(イスラエル)、東がゴラン高原からシリアへと続く大パノラマが映し出される。遺跡はヘレニズムから始まりローマ時代にはガダラと呼ばれたデカ・ポリス(十都市連合)の一都市であった。
e0134856_17164362.gif

 ガダラについては『新約聖書』マタイによる福音書8-28で「悪霊に取りつかれたガダラ人をいやす」記事がありキリストの教えが伝えられた都市であったことがわかっている。
 遺跡は100年以上以前に発掘調査が開始され、現在もドイツ隊、ヨルダン隊によって実施継続され2004年度からは我々日本の調査団(団長 松本 健 国士舘大学イラク古代文化研究所教授・所長)も発掘調査を開始した。
 規模は東西約1,7キロ、南北約300~500mにわたって城壁のめぐらされた都市遺跡で、内部には大小2個のローマ時代円形劇場、教会、列柱道路、神殿、浴場などの跡が残っている。
e0134856_17172493.gif

e0134856_1717593.gif

 
 ヨルダン国内にはぺトラ、ジャラシュ、ウムカイスなどの著名な遺跡が多くあり、世界各地から観光客、研究者など訪れる。しかしウムカイス遺跡については日本人がほとんど訪れないのが現状である。
[PR]

# by yuji_toda | 2008-01-25 16:30 | ウムカイス通信  

ヨルダン通信No.3

 ヨルダン通信3 ―新年名刺交換会―
 1月18日(金)快晴 最高気温12度 最低気温0度
今日はイスラムの休日。本日在ヨルダン日本人会の新年名刺交換会がアンマンの日本大使公邸で開催された。我々も招待されたのでアンマンに出向き出席した。
 現在ヨルダンには約280人の日本人が在住しているといわれるが交換会には200人ほど参加した。
 
 驚いたことに参加者の多くは20~30代の若手の多いことであった。こういった若者たちが国際社会を舞台として活躍し、やがてはこの世代が日本の将来を担っていくのかと思うと頼もしく感じた。と同時に小生の年ではもう出る幕はないのかなとも感じさせられた。
e0134856_15415054.gif


 会場には宴席が設けられ、おせち料理など日本料理がところ狭しと並べられた。とくにマグロ、ぶり、イカなどの刺身類、数の子、昆布、鮭の塩焼き、雑煮などには人気が集中した。久々の日本酒でのどを潤し、ワイン、ウイスキーなどでご馳走を堪能した。料理は大使館の日本人料理長総指揮のもと200人分を1週間前から準備が進められたという。
 おせち料理の食材は日本から、マグロ、ぶり、イカなどの刺身類はバンコックにそれぞれ買出しに行ってこの日のために集めたことが加藤ヨルダン大使の挨拶で紹介された。
e0134856_1543137.gif

 
 私は暮れにヨルダン入りしたため日本料理があまり懐かしいとは思わなかったが、中にはもう2年も帰国していない人たちもいるようで毎年この会を楽しみにしていると話していた。
 1月後半に新年の名刺交換会を開催するのは例年のことで、その理由は年末年始を利用して帰国し日本で正月を迎える人、あるいはタイ、インドネシア、豪州など常夏のリゾート地にバカンスをかねての正月を過ごすなどヨルダンを出国する人たちが多い。その人たちがヨルダンに戻った時期に毎年この会を設定しているようである。
 いずれにせよ我々は久々ぶりに正月気分をアンマンで味わうことが出来た。特に私の場合ここ数年来日本で正月を迎えたことがなくおせち料理など賞味したことがない。
 
 2次会は仲間と市内のレストランでと思っていたところ、料理長の日笠さんより料理と刺身類がブロックで残っているから自分の家で飲みなおそう。と声をかけられ、結局大使公邸敷地内にある日笠邸で未明まで多くの若者と語り合い飲み明かした。大役を終えた日笠氏は明日から1週間タイでバカンスとのこと、羨ましいかぎりである。来年もまたこの国で年末年始を迎えることになると思うが今度は和服で参加したいものだ。
[PR]

# by yuji_toda | 2008-01-19 16:30 | ヨルダン通信  

ヨルダン通信No.2

2008年1月1日(火)晴れ
e0134856_1701752.jpgイスラム社会では10月にラマダン明けのイード・ファトル(ハッジのメッカ巡礼)で4日間、12月にイード・アズ―ハ(動物への供養際)のため3日間それぞれ休日をとる。しかし年末年始の休日は1月1日の一日だけ。我々の休暇は1日と2日だけ。
本日は現場を離れて名所旧跡見学と洒落込んだ。朝7時タクシーを貸しきり、アンマンから約75キロ北西にあるアジュルン市所在のカラート・アル・ラバドを見学。
e0134856_1705232.jpgここは4年ほど以前ジャイカでイラク人研修生と見学したことがあり、山の頂上に築かれた城である。この城は1184~5年にかけ十字軍の進入に備えてイスラム側が築いたものである。その後1260年モンゴル軍によって攻められ破壊された。その後修復が重ねられ17世紀にはオスマントルコ軍駐留の城ともなった。現在も修復が進められている。内部には博物館がある。
e0134856_1712152.jpg

e0134856_1731310.jpg次はカラート・アル・ラバドをあとにアンマンの西約約20キロにあるサルトの町に向かった。この町は小じんまりとした小さな町であるがBC2200年ごろ城壁が築かれるなどヨルダンでは古い町の一つである。谷あいに発達した城壁のめぐる町で、斜面に作られた石畳の町並みには風情がある。1929年トランス・ヨルダンの首都がアンマンに置かれるまで、政治・経済の中心として発展した町である。黄色い建物が連なる町並みには石畳と階段が幾つもの路地を連ねており、建物のバルコニー、窓や扉に掘り込まれた彫刻、円柱などの装飾はオスマントルコ時代の建物で現在も人々が生活している。路地を歩いていたら幼子の手を引いた親子に会った。
e0134856_1745557.jpgこんにちはと挨拶したら母親の方から親しげに写真とっても良いよと言われた。
すかさずカメラを構えた私の様子を見て今まで笑っていた女の子が突然泣き出してしまった。泣き声を聞きつけて数人の人たちが路地の窓から顔を出しこの光景に注目した。私は一瞬この状況に困ってしまいどうしたものかと戸惑ったとき、微笑んだ笑顔の母親が私の方を見て問題ないと泣く子を宥めてくれた。e0134856_1763853.jpg
e0134856_17726.jpg
町の中心からさらに石畳の路地の商店街を上り詰めるとあまり大きくない広場がある。太い木が1本ありその脇に東屋風の木造建物がある。
その中では数人のお年寄りたちがドミノ(アラブ式将棋)を楽しんでいた。そこに近づきおもむろに写真とってもいいですかと声をかけるとOKの二つ返事、そして直にお前はどこから遣ってきた?と聞かれた。日本だと答えると皆が口をそろえてウエルカムと言って歓迎してくれた。
サルトの町を出たのは午後1時を過ぎていた。アンマンで昼食をとり、ザルカを経由してイルビットからウムカイスに戻ったのは夕刻6時であった。ウムカイス通信も宜しく。

[PR]

# by yuji_toda | 2008-01-04 16:51 | ヨルダン通信  

ヨルダン通信No.1


 ウムカイス遺跡は中東ヨルダン・ハシミテ王国(通称ヨルダン)北部でイスラエル、シリアと接する国境の町にあります。遺跡から望む北にはヤルムーク川後方の眼下にガリラヤ湖を挟み西がテビリヤス(イスラエル)、東がゴラン高原からシリアへと続く大パノラマが映し出されます。
遺跡はヘレニズムから始まりローマ時代にはガダラと呼ばれたデカ・ポリス(十都市連合)の一都市でありました。ガダラについては『新約聖書』マタイによる福音書8-28で「悪霊に取りつかれたガダラ人をいやす」記事がありキリストの教えが伝えられた都市であったことがわかります
遺跡は100年以上以前に発掘調査が行われ、現在もドイツ隊、ヨルダン隊によって実施継続され2004年度からは我々日本の調査団も発掘調査を開始しました。
規模は東西1,7キロ、南北300~500mにわたって城壁のめぐらされた都市遺跡で、内部には大小2個のローマ時代円形劇場、教会、列柱道路、教会、神殿などの跡が残っています。

日本から現地に来るには幾通りかのコースはありますが直行便はありません。小生最近はドバイ(アラブ首長国連邦)経由で来ることが多いです。今回も12月19日19時55分に羽田を出発し、関西国際空港で23時15分発ドバイ行きに乗り換え、翌朝6時(日本時間11時)ドバイ到着。ドバイは朝にもかかわらず出発と乗り継ぎでごった返す外国人の群れ、そして待合室、通路で座る席のない人達であふれかえる有様は関空、羽田、成田ではみられない活気に満ちた光景です。2時間あまりの乗り継ぎ時間にラウンジで用を足し、ワインをつまみに湾岸料理のバイキングをかっ込み8時20分発の最終地アンマン行きに乗り込みました。9時50分(日本時間15時50分)アンマンに到着。通関の後クリーン・アリア国際空港からタクシーに2時間30分ゆられて1時30分(日本時間19時30分)にようやくウムカイスにたどり着きました。羽田を出発して約23時間半、このルートでは最短時間で週1~2度しかありません。大半の曜日はドバイでの乗り継ぎ時間が12時間近くかかります。


ドバイ国際空港
e0134856_16542666.jpg


写真はウ ムカイス遺跡のギリシャ時代の建造物跡と後方左がガレリヤ湖、右がゴラン高原
e0134856_16553270.jpg

写真はウムカイス遺跡のギリシャ時代の8角建造物跡と後方右隅がガレリヤ湖
e0134856_1656822.jpg

写真はローマ時代の列柱道路
e0134856_1657920.jpg

[PR]

# by yuji_toda | 2007-12-29 16:47 | ヨルダン通信  

このホームページに記載されている記事・画像の無断転載・複製・販売を禁止いたします。